撮影日記


2024年01月03日(水) 天気:曇一時小雨

AF-SではないGタイプのニッコールレンズ

ニコンの一眼レフカメラの特徴として,「伝統のFマウント」というものがある。1959年に発売されたNikon F以来,カメラボディとレンズとを接合する部分の形状が変化しておらず,古いボディにあたらしいレンズを取りつけることも,あたらしいボディに古いレンズを取りつけることもできることを強調しているものである。しかし実際には,この互換性にはいろいろな制約があり,組み合わせによっては機能が大幅に制限される場合や,そもそも取り付けられない組み合わせも存在する。

ニコンが発売するFマウントのレンズは,ピント調整と絞り調整の方式の違いによって,いくつかのタイプに分類される。
 絞りの調整に関する分類として,「Gタイプ」レンズというものがある。このレンズには,絞りを設定するリングがなく,ボディ側のダイアルなどで設定する。そのような機能のないボディでは,シャッター速度優先AEかプログラムAEモードでしか使えない。これらのAEモード以外ではつねに最小絞りで使うことになり,実用にならない。プログラムAEモードのあるボディでも,「Gタイプ」レンズを装着するとエラーになって動作しないものもある(2018年10月10日の日記を参照)。
Gタイプレンズは,ボディに絞りを調整するためのダイアルが設けられるようになった,Nikon Uシリーズにあわせて発売された。はじめに発売されたのは,AF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.5-5.6Gである。日本カメラショー「カメラ総合カタログ」vol.117(2001年3月発行)を見ると,ブラック鏡胴タイプのものがNikon F80とセットで発売されていることがわかる。
 また,3月24日発売予定となっているNikon Uとは,シルバー鏡胴のタイプがセットで発売されている。

翌年のvol.118では,AF Zoom-NIKKOR 28-100mm F3.5-5.6GおよびAF Zoom-NIKKOR 70-300mm F4-5.6Gが掲載されている。そして,Nikon F80とセット発売されるレンズが,AF Zoom-NIKKOR 28-100mm F3.5-5.6Gに変更されている。なお,Nikon Uについてはかわらず,AF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.5-5.6Gがセットになっている。さらに,vol.119(2003年3月)からはAF Zoom-NIKKOR 28-200mm F3.5-5.6Gが掲載されている。

 ピントの調整に関する分類としては,まずマニュアルフォーカス用レンズとオートフォーカス用レンズとに分類できる。そして,オートフォーカス用レンズは,ボディに内蔵されたモーターでレンズのピントリングを回すタイプのものと,レンズにピントリングを回すモーターが内蔵されたものに分類できる。ピントリングを回すためのモーターがレンズに内蔵されたタイプのレンズに,「AF-S」レンズとして分類されるものがある。
 AF Zoom-NIKKOR 28-200mm F3.5-5.6Gと同じく日本カメラショー「カメラ総合カタログ」vol.119(2003年3月)からは,AF-S VR Zoom-NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G IF-EDが掲載されている。この後に発売されたレンズはことごとく「AF-S」の「Gタイプ」レンズになっており,最終的には発売されるレンズのほとんどが「AF-S」の「Gタイプ」レンズになっていた。そのためか「Gタイプ」レンズはすべて「AF-S」であると誤解している人を見かけることもある。

まとめてみると「AF-S」ではない「Gタイプ」レンズは,つぎの4本しかない。

AF-SではないGタイプのニッコールレンズ
レンズ(焦点距離順)日本カメラショー「カメラ総合カタログ」での初出
AF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.5-5.6Gvol.117 (2001年)
AF Zoom-NIKKOR 28-100mm F3.5-5.6Gvol.118 (2002年)
AF Zoom-NIKKOR 28-200mm F3.5-5.6Gvol.119 (2003年)
AF Zoom-NIKKOR 70-300mm F4-5.6Gvol.118 (2002年)

これら4本の「AF-S」ではない「Gタイプ」レンズはすべて,ブラックとシルバーのカラーバリエーションが用意されているのも特徴といえる。しかし,AF Zoom-NIKKOR 70-300mm F4-5.6Gを除いた3本は,vol.122(2006年3月)を最後に掲載されなくなった。どれも発売期間はごく短かったといえる。「Gタイプ」レンズはすべて「AF-S」であるという誤解が広まってもしかたのない面はある。
 いま振り返って眺めてみると,AF-S VR Zoom-NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G IF-EDは,「AF-S」ではない「Gタイプ」レンズに引導を渡したような存在であるともいえそうである。

1月1日の夕方に阿部野橋で会った人からは,またいろいろなネタをいただいた。そのなかの1つに,AF Zoom-NIKKOR 28-100mm F3.5-5.6Gがあった。貴重な「AF-S」ではない「Gタイプ」のレンズである。

「貴重な」と書いたが,決してレアものという存在ではないはずだ。廉価版レンズであり,それなりの数が出回ったはずである。しかし,Nikon Uとセットで販売されたAF Zoom-NIKKOR 28-80mm F3.5-5.6Gとは違って,見かける機会が少ない。焦点距離の差もわずかなので,わざわざこれに買い替えるようなケースもなかっただろう。また,廉価版であるがためにぞんざいに扱われることも多く,状態のよいものが残りにくかったこと考えられる。ともかく,今となっては意外と見かけないレンズである。このレンズを譲ってくださった人も,ようやくレンズの状態がよさそうなものを安価に見つけたそうだ。
 しかし入手してすぐ,マウントの一部が欠けてしまったとのことである。軽量化とコストダウンのためだろうか,このシリーズのレンズはマウント部までプラスチック製になっている。

あらためて入手しなおしたので,マウントが欠けてしまったこちらを譲ってくださったということである。
 さて,この種のプラスチックは,一般的な接着剤ではひっつかないことが多い。そこで試してみたのがセメダインPPXという接着剤である。

この接着剤は,「ポリエチレン,ポリプロピレン,シリコーンゴム」などの「今までつかなかった物が強力に接着」をアピールしている。
 この接着剤では一般的な瞬間接着剤と違って,まず接着する面に「プライマー」というものを塗ってから,接着剤を塗布して使うようになっている。折れた部分がごく細かいので位置合わせが少し難しかったが,期待通り無事に接着することができた。

ここのところは,とりあえずレンズを1本で済ませたいときには,AF-S VR Zoom-NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G IF-EDを持ち出すことが多い。それにくらべると,同じような焦点距離をカバーしていながらAF Zoom-NIKKOR 28-100mm F3.5-5.6Gはとんでもなくコンパクトで軽量である。お手軽な撮影などでは出番が多くなるかもしれない,そんな気がするレンズである。
 とくに,発売されていた時代が近いデジタル一眼レフカメラでああり,ライカ判サイズの撮像素子をもっているKodak DCS Pro 14nとの組み合わせでの相性というものを体験しておく価値はありそうである。


← 前のページ もくじ 次のページ →