撮影日記


2022年06月03日(金) 天気:晴

関式サロン露出計UB型とサマータイム

また,関式サロン露出計を入手した。こんどは,UB型で,取扱説明書もセットになっている。

関式サロン露出計のさいしょのモデルは,雑誌の広告を追ってみた結果から,1938(昭和13)年11月ころであると考えられる(2022年4月12日の日記を参照)。そして,取得した特許を反映させたと思われる新型に,1940年3月ころモデルチェンされた(2022年4月17日の日記を参照)。さらに,第二次世界大戦後に,サマータイムに対応してモデルチェンジをした製品があることを確認している(2021年10月31日の日記を参照)。このモデルチェンジの時期は,日本でサマータイムがはじまった1948年4月以降であると考えられる(2021年10月20日の日記を参照)。
 ここまでに少なくとも3つもモデルがあり,それらはすべて同じような円形のものである。これをここでは,「丸型」とよぶことにしてきた。

雑誌の広告を追っていくと,形が大きく変更されたモデルが,1950(昭和25)年10月ころに新発売されていることがわかる(2022年5月28日の日記を参照)。円盤の外側に少し角のある板がついたような姿をしているので,それ以前の丸型に対して,「角型」とよぶことにしてきた。角型になってから,裏面にモデル名が記されるようになっており,角型のさいしょのモデルはMODEL U-A(UA型)となっている。そのあとも,あらたな特許や実用新案などが取得できたことを反映させたモデルチェンジがおこなわれたようで,MODEL U-B(UB型)には1951(昭和26)年9月ごろまでにモデルチェンジしており(2022年2月24日の日記を参照),さらに1954(昭和29)年8月ころにMODEL V-A(VA型)にモデルチェンジしている。雑誌の広告では,このあとWA型というものも見られるようになるが,そのあたりはまだじゅうぶんに確認できていない。

これらは,広告などにおいても別のモデルとして扱われている区分である。さらにUB型については,マイナーチェンジが施されているのを確認している。大きくは,サマータイムに対応したモデルと,サマータイムに対応していないモデルである。どちらも,MODEL U-Bということになっている(2022年1月13日の日記を参照)。このたび入手した「関式サロン露出計」は,UB型のサマータイム対応版である。セットになっていた取扱説明書は「昭和27年2月5日発行」の「改訂24版」で,サマータイムが廃止になる(1952年4月で廃止)よりも前の発行であり,サマータイムに対応していることと整合している。

ここまでにわかったことをまとめると,つぎの表のようになる。「関式サロン露出計」のすべてのモデルとその発売時期を確認するのは,容易ではなさそうである。まだ,先は長い。

「関式サロン露出計」のモデルと発売時期
モデル発売時期
丸型 初期型 1938(昭和13)年11月ころ
新型 1940(昭和15)年03月ころ
戦後型 1948(昭和23)年04月ころ?
角型 MODEL U-A 1950(昭和25)年10月ころ
MODEL U-B サマータイム対応 1951(昭和26)年09月ころ?
MODEL U-B サマータイム非対応
感光度表記ASAとDIN
1952(昭和27)年04月ころよりあと?
MODEL U-B サマータイム非対応
感光度表記ASAとWeston
1952(昭和27)年04月ころよりあと?
MODEL V-A 1954(昭和29)年08月ころ
MODEL W-A 1959(昭和34)年ころまでに?

この表では,UB型の区分に必要なので,UBについてのみサマータイムの対応と非対応を示したが,このほか丸型の戦後型と,UA型とがサマータイムに対応しており,そのほかのモデルがサマータイムに非対応となっている。
 ところで「サマータイム」とは,夏季には時計の針を1時間進めて長い昼間を有効に使おうという制度で,北アメリカやヨーロッパでは多くの国でこの制度が実施されている。日本で「サマータイム」が実施されていたのは,1948年から1952年にかけての,ごく短い期間のことであった(2021年10月20日の日記を参照)。
 評判が悪くてすぐに廃止になったサマータイム制度であるが,昭和初期にはすでに,雑誌などにおいてサマータイムの是非についての意見が掲載されていたようすが見られ,夏の明るい時間帯を有効に使おうという趣旨からサマータイムの導入を検討する動きがあったようである。しかし導入してみたものの実際には評判が悪く,具体的にはたとえば「サンマータイムに関する世論調査」(国立世論調査所,1951年12月)において,「国民の半数以上が反対」「反対の態度は相当強い」が「反対理由は,漠然とした感情的な答えが多い」とある。さらに「国民として意識の高いグループ」に賛成の傾向があるが,賛成の理由はサマータイム導入の真のねらいとはずれているなど,おもしろい結果が報告されている。


← 前のページ もくじ 次のページ →