特集「撮影日記」
古いディジタルカメラ「クラデジ」を楽しむ

 古いカメラは「クラシックカメラ」略して「クラカメ」として,楽しまれる。では,古いディジタルカメラは「クラデジ」として,楽しめるだろうか?「クラカメ」は,性能のあがった現代のフィルムを使えば,当時よりもきれいな写真が撮れるかもしれない。しかしディジタルカメラの進化は,フィルムに相当する撮像素子の進化でもある。昔のディジタルカメラで,その当時よりもきれいに撮れるというわけではない。古いディジタルカメラは,どこまで楽しめるだろうか?あるいは,どういう楽しみ方があるだろうか?
 そもそも,どれくらい古ければ「クラデジ」になるのだろうか?