撮影日記


2003年03月10日(月) 天気:くもり

ニコンは35mm判フルサイズCCDのデジ眼レフを発売しないのか?

APSサイズから35mm判フルサイズへ

最近,私の周囲でもレンズ交換式ディジタル一眼レフカメラを使う人が増えている。これは,従来の一眼レフカメラをそのままディジタルカメラにしたようなものであるといえばいいだろうか。ボディは既存の一眼レフカメラをベースに作られたと思われ,交換レンズは従来のものが利用できる。大量に撮影する人には,多少ボディが高価でも,フィルムや現像代がかからないところも魅力的なのではないだろうか。また,パーソナルコンピュータを利用して,自分で色を調整したり,トリミングしたりして,家庭用プリンタから出力できるという点に魅力を感じる人も多いだろう。
 これまで,このようなディジタル一眼レフカメラ(今後,「デジ眼レフ」と呼びたい)は,いわゆる「APSサイズ」(ニコンD1Xのもので,23.7×15.6mm)の撮像素子(CCDが多いようだ)を採用しているものが多くあった。かつて,購入を考えたこともある,FUJI Finepix S1 Proもそういうデジ眼レフである。最近になって,35mm判フルサイズの撮像素子を搭載したデジ眼レフが,京セラやキヤノンから発表された。
 APSサイズの撮像素子を使用したデジ眼レフを使う場合,もっとも問題になるのは広角レンズであろう。画面が35mm判フルサイズよりも狭いため,レンズの焦点距離はおよそ1.5倍相当になる。50mmレンズが75mmレンズ相当に,28mmレンズがおよそ42mmレンズ相当になるわけだ。つまり,広角レンズの表現をしたければ,20mmレンズよりも焦点距離の短い,いわゆる超広角レンズを使用しなければならないことになる。

ニッコールの新製品

ニコンから,「AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G (IF)」の発売が発表されている。焦点距離を見ると,いわゆる超広角ズームレンズである。しかし,これはD1シリーズおよびD100といった「ディジタルカメラ専用レンズ」とされている。詳細はわからないが,イメージサークルが35mm判フルサイズをカバーしていないのではないだろうかと想像できる。いま,京セラやキヤノンが,どんどん35mm判フルサイズのデジ眼レフを発表しているなかで,あえて既存のAPSサイズのデジ眼レフユーザだけを対象にしたと思われる製品を発表したのはなぜだろうか。これについて,いろいろと想像してみた。
 1つの理由としては,これまでに発売されているD1シリーズのデジ眼レフを使い続ける人が少なくないと判断されたことが考えられる。そのための,それらのユーザがもつ,広角レンズへの対応の要望に答えた製品が,このレンズと言えるだろう。D1シリーズを使い続ける理由としては,画像処理の問題が想像できる。とくに業務でデジ眼レフを使用する場合は,RAWデータを処理することが多いようだ。RAWデータは,カメラの機種を変えると,色などのクセが大きく変わってしまうと聞く。ちょうど,フィルムを変えることと同じような問題があるということだ。そのため,徒に新機種に飛びつくユーザが少ないと考えられているのかもしれない。
 それに対して京セラやキヤノンは,おそらく一般のユーザにも幅広く目を向けているのだろうと想像できる。そのために,35mm判フルサイズの撮像素子を採用したデジ眼レフの発表を急いだものと考えることができる。

KODAK DCS Pro 14n

製品に対する1つのイメージとして,ニコンのデジ眼レフD1シリーズは,報道特需的なモデルであるように思われる。これは,現行モデルD1XとD1Hが登場したときに感じたことでもある。旧来のD1に対して,解像度をアップさせるなどの改良を施したものがD1Xであり,解像度などは旧来のD1と同じで連写性能を改良したものがD1Hである。つまり,報道需要には,画質はD1クラスで十分であるという判断が含まれていると考えられるのである。報道需要は画質よりも連写性能の方が重要であることは想像に難くないし,画質を向上させるとデータ量が増大して,画像の伝送や処理にも余計な時間がかかることが問題になるであろう。また,報道需要とくにスポーツ報道では,広角レンズよりも望遠レンズによる表現の機会が多いであろう。これも,あわてて35mm判フルサイズの撮像素子をもつデジ眼レフを急いで発表しない理由の1つかもしれない。
 画質的には,デジ眼レフによる画像は,フィルムによる画像にはまったく追いついていない。しかし,すでに多くの一般的な用途には十分なレベルには達している。これが,現状ということだろう。
 ところで,昨秋にはコダックから「DCS Pro 14n」というモデルが発表されていた。これは,ニコンFマウントをもち,35mm判フルサイズの撮像素子を採用したデジ眼レフカメラである。最近になって,ついに日本でも正式に発表されたわけだが,世間での評判はどうだろう?ニコン自身がまだしばらく,35mm判フルサイズの撮像素子を採用したデジ眼レフカメラを発売しないなら,ニッコールレンズユーザにとって,これはたいへん魅力的なボディになるはずだ。


← 前のページ もくじ 次のページ →