撮影日記


1997年11月03日(月・祝) 天気:晴れ

今月のスナップ会

さすが,11月03日は「晴れの特異日」である。1日中,超いい天気であった。
 今月の「スナップ会」は,mahalさんと紅葉を追いかけることにした(1997年10月30日の日記を参照)。
 まずは,筒賀村の大イチョウの木である。残念ながら,色づきはまだ4割くらいか。これは,ぜひとも来週もういちど訪れなければならないだろう。しかし,抜けるような青空ににゅっと伸びる大イチョウは,一部の葉が黄色くなっていて美しい。この大イチョウは高さ48m,樹齢1100年とのこと。

Nikon F-801, AF NIKKOR 20mm F2.8S, AGFA XRG100

それだけでは時間が余る。もともとはこのあと吉和方面へ足をのばすつもりであったが,mahalさんは今年まだ三段峡を訪れていないとのことなので,三段峡へ行くことにした。
 いつもの聖湖の駐車場へ行くと,なんとものすごい混雑である。自家用車がうじゃうじゃ,大型バスさえ止まっている。峡谷の紅葉はどちらかというと末期であるが,周辺の山の色づき方はむしろ最盛期に見える。
 ところで,この聖湖の駐車場では,ふだんはだれも縦列駐車をしない。縦列駐車をすると,駐車できる台数が半分くらいになっていまう。しかしながら,片側が完全に縦列駐車になっていた。そちら側は,縦列駐車にすれば日影になって都合がよいのはわかるが,そういうことはやめてほしい。ここに集まるクルマの駐車のしかたや動きを見てると,自分さえよければよいという動きが見え見えである。とくにいかにも家族サービスですって感じのクルマに乗ったオジサンたち,ひどいね,することが。
 峡谷にはカメラを持っている人も非常に多かった。もちろん,一眼レフカメラが多い(つまり,目立つんだろうな)。mahalさんともども,ついどんな機種をもっているのかが気になる(笑)。
 観察してみるとニコンが多いようだ。次がキヤノン,そしてミノルタ。キヤノンはEOSだけでなくAシリーズやTシリーズも見かける。まだまだ,多く生き残っているようだ。ミノルタはαシリーズばかり。しかし,ペンタックスはなかなかみかけないものである。


← 前のページ もくじ 次のページ →